継続できれば力なり。

毎日なんて書けないのである。

方向が変わった。

2週間位前から異常に部屋を片したくなって(捨てたくなって)、
猛烈に片づけをしまくった。腰痛までやってきてもやってやった。

 

で、おりゃーーーーーっと、ためまくってたマンガも、
確認したら、保存方法が悪いので、カビでたり、黄色くなってたり...
好きだからとっておいたのに!!
(保存方法が悪いのは、旦那の本とフィギュアで部屋のまどを開けることができないから、風が全く通らないからだって思う。きっと)


電子書籍用にタブレット買った途端、これを紙で持ってる意味って
なんぞや?と思ったりして、欲しかったらまた買うし!
電子書籍で!だって、カビないでしょ?黄色くならないでしょ?
どこででも簡単に読めるでしょ?

Kindleのサービスが、いつかなくなるかもしれない?

 

そんなことなんか1mmも考えず、バリバリ処分。
何年もずーーーーーと、溜め込んでて思ったけど、
取り出しにくくなるし、旦那はありえんくらい溜めまくるし、
フィギュアなんかも、買うだけ買って箱で積んである。
それだけで、一部屋つぶれたりしてるわけで。
持つなとは言わない。

 

飾れよ(・言・)

 

本は、人に貸す時ものすごい大変な思いして取り出す。
貸す時なんて、言われれば貸したくなる。
運が良ければ戻ってくる、悪ければ、絶対返却されない。
感想も言われない。

 

そんな覚悟までして何故溜め込んで貸す?

 

あんな大変な思いして、通勤ラッシュに重い本持ち込んで、
本当に運がよければ、「ありがとう、おもしろかった」って、
感想含め、「重かったよね?」っていって、粗品まで進呈してくれる。

 

そんなのめちゃくちゃ運がいい時。
でも、持ってる言っちゃった限りは、相手も借りたいってムードを
ガンガン持ち出してくるわけで、持ってるのに貸してくれないの?
位の勢いまでおっつけてくる。

 

あれ?バカじゃねーの?( ゚Д゚)

 

ってことにハッと気づいた。
持ってなければ、貸せないから楽なことに。
貸してくれるってことは、その人は本が好きだからだぜ。
もっとよく考えて借りてくれ。とは思うけど。
最近は、戻ってこないだろなって思って貸してる。

 

この間初めて「ものすごい読み返してる本だから、ごめん、
貸せないわ」と、言ったらすごく楽だった。
くるねこ”面白いですよ(セリフ覚える程読んでいる)。
今月発売なんて楽しみに過ぎて、指折り数えている。

 

えーっと、前置きが長くなりすぎたので、本編は明日(え?)